忍者ブログ
have the best scene for you.
[28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

バックステップの交換をしてきた訳ですけれども。

 
 この冬から本格的に車両作りを始めるに当たり、OKRさんにお世話になることにしました。
 昨年末に初めてお邪魔して社長と色々お話しさせていただいた結果、R6と僕の命を預けることを決めた訳です。

 社長と色々と話していると毎回のように目から鱗が落ちる落ちる。忘れていた当たり前の事が蘇るというか、脳が若返るというか。今日はチェーンとスプロケ間のエネルギー伝達の講義を頂きました。テーマを付けるなら「動力伝達とエネルギー変換」と言ったところでしょうか。




さて、今回交換したモノはコレ!
 「クラフトアルマジロ製 R6用バックステップ」


 僕個人のインプレですけれども。

 表面処理の美しさや持った時の重量感、曲線主体のデザインといった、物としての品質は非常に良いと思います。特にデザイン的にはR6用バックステップでNo.1だと思う。また、取り付けの一部始終を見ていましたが、確かに精度は素晴らしい。

 反対にイマイチな点を上げるとすれば、
 ①説明書が全体的にちょっと分かりにくい。
 ②リザーバータンクを固定する付属のステーが短い。
 ③本組みで送られてくるので、自分で取り付けるのは大変そう。


 実際の乗車でのインプレとしては「凄くイイ!」の一言に尽きます。
 純正と比較しすると、固定式と可倒式の違いもあるが剛性感は3倍くらいに思える。また、リアサスだけでなくステップからも路面の状況とタイヤの動きが伝わってくる。シフトフィールも「スッと動いてコクッと入る」のでストレスやシフトミスも無し。
 
 ポジションは暫定ですが、30mm backの30mm upとしています。(身長179cm)
 慣れるまでは膝の位置がやや辛いですが、腰をずらしてのライディングではタンクと太もものフィッティングがよく、足首の角度にも無理が無いため乗りやすい。さらに、元々が高重心であるR6の特性に加え、足の位置が上がることによって重量物が重心に近づき曲げやすく、バンキングが軽くなったと感じている。
 ※参考画像(左:純正,右:クラフトアルマジロ)
 と、ここまでべた褒めできた訳ですが…



 既に足が筋肉痛!初回だから仕方ないけど、やっぱり足が辛い!
 
 トレーニングをもうちょっとしっかりやらなければ(笑)


PR
back
COMMENT
name
title
text
color   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
mail
URL
pass
secret
PREV ←  HOME  → NEXT
profile
HN:
Massy
性別:
男性
Copyright (C) 2017 君に見せたい景色がある All Rights Reserved.

Photo by (c)Tomo.Yun   TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]