忍者ブログ
have the best scene for you.
[15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

―――とある掲示板より

20 名前:774RR 投稿日:02/10/08 05:40 ID:TvBYPcYd
本当に愛していたバイクには魂が宿るよ。
16の頃必死こいてバイトして、初めて買ったXS400、
10年以上乗って右直事故でクラッシュしたんだけど、
その瞬間「俺が犠牲になろう」という声が確かにした。

その言葉通り、バイクはフレーム、クランクケースまでダメになって死亡したけど、
体はカスリ傷だけで済んだ。今でも曲がったハンドルとボコボコのタンクを飾ってある。

キチガイと笑いたければ笑え。






 2012年2月1日(水)
 僕の人生初のバイクがやってきた。
 どんなことが待っているんだろうって、判子を押したその日からずっとドキドキ・ワクワクしていた。
 キーを刺し込み、セルを回す。軽やかで心地よい低音を響かせるエンジン。
 跨ってミラーを合わせ、スタンドを上げてレバーを握り、シフトペダルを踏み込む。「コツッ」と微かな衝撃と共に、左手に動こうとする意志を感じる。
 ゆっくりとクラッチを繋ぎ、動き出した瞬間...僕は世界で一番の幸福者だと思った。


 この2年間で約22,000km
 色々な所に行って、色々な景色を見てきた。
 風を切る喜びも、ドキドキも、辛さもたくさん教えてもらった。
 他のライダーの安全を祈って手を上げる。反応が帰ってきたときには、もう「バイクさいっっっこおぉぉぉ!」って、この動画の、あの曲がエンドレスリピート。ふと一息ついたときに「この気持ちがいつまでも味わえるように、明日からも頑張ろう。」自然とそう思えた。
 速くなりたくてサーキットを走り出したら激ハマリ。コーナーならSSも喰えるようになった。いつの間にか年上の仲間も沢山できた。


 あの子にとって、僕はあまりいいオーナーではなかったと思う。エンジンは数え切れないほどレブに当ててしまったし、機械弄りは苦手だから色々と店に任せっきり。恥ずかしながら事故も経験した。
 その代わりといってはなんだけれど、エンジンオイルの交換と洗車・チェーンの注油だけはマメに行うことを心掛けてた。
 距離を重ねるたびに増えていく傷を一つ一つ確認しながら洗い、自分の手を汚しながらメンテナンスをして愛着が沸かない訳が無い。
 オイルを変えればエンジンが軽やかに回るのは機械ならば当たり前のこと。だけど、僕にはあの子が喜んでいるようにしか思えなかった。少しだけ心が通った気になれた。
 だからだろうか、事故をしてしまった時もサーキットで転んだ時も僕に大きな怪我はなかった。




 ライダーならば誰しも、自分の相棒と心が通う瞬間を感じたことがあると思う。
 ゆっくりと流している時、ちょっと攻めている時、メンテナンスをしている時…その瞬間はそれぞれのスタイルによって様々だと思うし、「そんなことわかんねーよ。頭大丈夫?」って思う人だっているだろう。
 それでも、少なくとも僕は絶対にライダーとマシンの心は繋がっていると信じている。この感情が一方通行だろうとね。








 だから、あの子が護ってくれたのだと疑う余地はなかった。








 今まで本当に、本当にありがとう。最後まで一緒に走れなくてごめん。
 君が教えてくれた感情を俺は絶対に忘れない。
 さようなら、CB400SF
 またどこかで出会った時には、ゆっくり走ろう。





 そして、こんにちは
 ミドルSS界の真打とも言えるキミ
PR
back
COMMENT
name
title
text
color   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
mail
URL
pass
secret
PREV ←  HOME  → NEXT
profile
HN:
Massy
性別:
男性
Copyright (C) 2017 君に見せたい景色がある All Rights Reserved.

Photo by (c)Tomo.Yun   TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]