忍者ブログ
have the best scene for you.
[19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日のライテク練習会の際に、何人かの方からサーキット走行を始めるにあたってご質問がありましたのでお答えしたいと思います。
 また、このブログをご覧になっている(いるのかな?w)、これからサーキットを走ってみたいと思う方の参考に少しでもなれば幸いです。
 
 なお、サーキットへ走りに来る方は自走組とトランポ組の2種類に大別されますが、
 ①私が自走組ということ
 ②最初からトランポまで用意出来る方は少数であると予想されることから、自走の方向けに書いていきたいと思います。





【最低限必要なもの】
・整備されたマシン
→ブレーキパッドの残量,タイヤの溝・硬化具合,ドレンボルト他各部の弛みチェック等々行いましょう。可能であれば各部ワイヤリングすることが望ましいです。

・フルフェイスヘルメット
→持ってなければ走れません。仕様年月の過ぎていないものを。
 当たり前過ぎて解説する必要もありませんね。

・レーシングスーツ
→幅広い価格帯で様々なメーカーから出ています。2ピースOKな所もありますが1ピースをお勧めします。価格は気にしなくていいかと。
 大事なのはサイズです。ピチピチで全く関節が動かないもの、逆にブカブカでバタつくものは危険です。後述の胸部プロテクターがツナギの中で動いてしまいプロテクターとしての役割を果たしません。
 資金に余裕のある方は、国産メーカーorオーダーをお勧めします。海外製はカッコいいですが、欧米人と東洋人では骨格が異なるため意外と部分的に合わない所があったりします(膝上と膝下の比率等)。また、パンチングメッシュが使われている物の方が夏涼しいです。

・レーシングブーツ
→お好きなメーカー,お好きなデザインの物を。サイズ確認だけはしっかりと。

・レーシンググローブ
→上に同じ。拳の部分にプロテクターがあると安心です。(付いていない物の方が珍しいです。)

・脊椎プロテクター,胸部プロテクター
→これは絶体に必要。身につける装備の中で一番投資すべきです。人間の骨は本当に簡単に折れます。それが100・200・300キロで走っている時に転倒したなら簡単に想像がつきますよね。プロテクターを軽視するようであればサーキットは走らない方が身のためです。
 フォースフィールド社orツナギを作っているメーカーの物を推奨します。私もフォースフィールドの物に買い替える予定です。

・インナーウェア
UA社Skins社等の所謂コンプレッションウェアと称されるものがオススメです。他のスポーツで使用しているものがあれば、そのまま流用できます。

・テープ類
→ヘッドライト、ウインカー等々転倒した際に路面への飛散を防止します。車体色に合わせた色だとそれなりの見た目になりますが、剥す際に糊が残りにくいので養生テープがオススメです。

・タイラップ
→色々束ねる際に。何かと役に立ちます。

・エアゲージ
→サーキット走行においてタイヤの空気圧管理は必須です。プロダクションを入れている方ならば周知の事実でしょうが、適切な空気圧で無いとタイヤ本来のグリップを発揮しません。
 幅広い価格帯で商品が存在します。真ん中より高めの物を選べば間違いないかと思います。私はBS社の物を使用しています。

・車載工具
→自走組で持っている人が少ないのがコレ。多少荷物が重くなりますが持っていれば安心。というか普通バイクに常備されているべきですが…
 


【出来れば用意したいもの】
・ラップタイマー
→段々とタイムが気になってくるのがライダーとしての性。自分の成長を確認するという意味でも持っていて困らないアイテム。
 どのメーカーの製品を使ってもいいと思います。どっぷりハマってきたらデータロガーも用意したいところ。

・ノートとペン
→現代人はスマホにメモるんでしょうか。私は思いついたことを忘れないうちに残しておきたいのでアナログなアイテムを使っています。



 と、列挙しましたが、続いては装備をどうやって持って行くか!です。

 ①ツナギ他を着用して、細々した物をバッグに詰め込む。
 ②ツナギはリアシートに括りつけ、その他必需品はタンクバックに詰め込む。
 ③一式をサーキットに送る。

 私は①のパターンです。ツナギ・グローブ・ブーツ・プロテクターを着用して、リュックサックにその他を詰め込んでいきます。シートバックの方が肩・腰への負担が少ないかもです。
 因みに、↑の装備一式+サンダル、タオルを持って行きます(夏はTシャツとハーフパンツも)。荷物がかなり重くなりますが、短い時間でもツナギを脱げると身体への負担がかなり軽減されます。個人的には凄く真似してもらいたい部分ではありますが、個人の判断に任せるということで。



【実際にサーキットを走る】
 装備が一通り揃った所で「実際に走ってみよう!」となる訳ですが、これも大きく2タイプですね。
 ①走行会やライディングスクールに参加
 ②特定のサーキットのライセンスを取得してフリー走行

 初めては①をお勧めします。とんでもなく速い人と混走になることもないでしょうし、何よりあんまり殺気立っていないです(笑)。
 ツナギを貸し出してくれているところもある様ですし、とりあえずどんなもんか走ってみたいという方はこちら。
 月に1回以上走りたいという方は②を。私の場合、月に2~4回のペースで、一日2本前後走ります。
 まずは走行会に参加してみて、もっと走りたいと感じるようであればライセンスを取るのがいいと思います。
 

 色々分からない所があれば、袖ヶ浦FRWにいる青いR6に赤いツナギの男に話しかけて下さいw


 それでは、よいサーキットライフを!
PR
back
COMMENT
name
title
text
color   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
mail
URL
pass
secret
PREV ←  HOME  → NEXT
profile
HN:
Massy
性別:
男性
Copyright (C) 2017 君に見せたい景色がある All Rights Reserved.

Photo by (c)Tomo.Yun   TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]