忍者ブログ
have the best scene for you.
[41]  [40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「いつか」その時が訪れるだろうとは思っていた


 その「いつか」は誰にもわからない


 誰もが通る路だという








 

 それは突然やってくる




 5日に筑波の最終立ち上がりでサーキット初ゴケを体験してきました。


 まずは、アルプスさん、社長
 何から何まで本当にありがとうございました。
 大変お世話になりました。
 本当にご迷惑をお掛けしました。


 もう転びません…多分。





 そして僕が筑波に行くと、アルプスさんとの遭遇率が100%なんですがこれは...

 「これが運命だと、そう囁くのよ、私のゴーストが。」





 とりあえず、余裕で元気です。右ひざがちょっと痛いくらいで外傷はなし。肝心のR6はフロントのライト周りと右ハンドルがポッきり折れたのと、右カウルと2次カバー、シートカウルがぐちゃぐちゃになったくらいで、大事な部分へのダメージは今のところ確認されてません。

 

 コケた瞬間は、「やべー!全損だぁ!!」って思いながら転がってましたが、ここまでR6が軽傷なのはクラフトアルマジロ製のステップのお陰です。バーが折れずにスライダーの役目をしてくれたみたいです。プレートにも曲がりが無いし、この頑丈なステップに全てが救われました。(↓これでわかるかな?)





 これより前に袖ヶ浦で練習した時にリアをザクザクにしてしまっていて、スパコルならなんてことない程度だったんですけれど、タイヤの設計が根本的に違うということを忘れた僕のミスです。スパコルでイケる≠RS10-Rでイケるではないですよね。

 A1でどんなもんかと6秒で周ってて、エンジンも走ってるからA2は5秒そこそこでイケるんじゃない?なんて甘い考えをもった時点で結果が見えてました。

 タイヤも温まっただろうと7週目の出来事でした。2個目のクリップを取って、アクセルを開けたらそのままグワぁぁぁあん!って。これもスパコルと同じ感覚でガバ開けしたからだと原因がわかってます。当日A2を走っていた皆さん、本当にすみませんでした。




 これを機に、R6はレーサー化します。冬の間にしっかり直して、自分はミニバイクでしっかり練習して、もっと速く、もっと安全に走れるように。




 今年のサーキットはこれでお終い。

 今年は協力してくれた皆さんのおかげで初レースに出ることができて、楽しいけど悔しい思いをして、自分の想像以上に負けず嫌いだと気付くことができた。袖ヶ浦では自走組最速タイム(自称)を出すこともできた。


 来年は更なる飛躍を!



 気が向いたらRS10-Rのインプレ書きますw
PR
back
COMMENT
name
title
text
color   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
mail
URL
pass
secret
PREV ←  HOME  → NEXT
profile
HN:
Massy
性別:
男性
Copyright (C) 2017 君に見せたい景色がある All Rights Reserved.

Photo by (c)Tomo.Yun   TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]